ホーム > 会社案内 社長挨拶 > 会社概要・沿革

会社案内

会社概要・沿革

会社概要

名称 株式会社新興出版社啓林館
創業 昭和21年6月
法人設立 昭和24年2月
資本金 1億円
役員 代表取締役会長 曽川敏彦
代表取締役社長 佐藤徹哉
社員数 203名
加入団体 日本書籍出版協会
教科書協会
教科書著作権協会
大阪出版協会
日本児童書出版協会
関西経営者協会
教科書研究センター

沿革

1946年 任意組合新興出版社を創業。
最初の出版物として小学校用自習書「国語の学習」「算数の学習」を発行。
1948年 「学生年鑑」「新興の大全科」が好評を博し、全国に新興出版社の名を広める。
1949年 株式会社新興出版社に改組。
1951年 啓林館名にて小学校用教科書「理科」「算数」を発行。
1953年 東京支社を開設。
1954年 中学校用教科書「理科」「数学」を発行。
1956年 高等学校用教科書「理科」「数学」を発行、教科書界において<理数系の啓林館>を確立。
平野支社および九州支社を開設。
1959年 「テストブック」278点を発行、マスプロ、マスセールの時代を迎える。
自習書発行点数835点となる。
テレビCMを開始。
1960年 名古屋出張所を開設。
1961年 株式会社新興出版社啓林館に商号を変更。
1962年 中学校用「ハイテスト」133点を発行。
1964年 文研出版名にて「グリップ」「アタック」シリーズを発行、学習参考書界に新風をおくる。
札幌出張所を開設。
1967年 本社新社屋ビル完成。
1968年 児童書図書、実用書の発行を開始。
1969年 コンピュータを導入。広島出張所を開設。
1972年 視聴覚教材(カセット、ビデオ)を発刊。
1982年 高校学習参考書(フォーカス)・問題集(ジャイロ)を啓林館名で発行。
1984年 中学校用「教科書トレーニング」を発行。
1986年 小学校用「教科書ぴったりテスト」を発行。
1988年 高等学校用教科書「英語」を啓林館名で発行。
1990年 塾市場に本格的に参入。
1992年 ニューメディア商品の開発に着手。
1994年 作文添削教材システム(ザ・作文教室)を創刊。
1996年 会社創立50周年。教育情報誌「CS研レポート」(年2回)を発行。全国の教育委員会と一部の学校へ送付。
2004年 小中高・算数数学特別研究会発足。小学校英語「小学校のえいご」発行。
全国通信制高校NHK高校教育講座選定教科書に「新編理科総合A」が採用。
2005年 全国通信制高校NHK高校教育講座選定教科書に「情報A」「新編化学I」「新編生物I」が採用。
2007年 web問題作成データベース「お助け先生」のサービスを開始。
高校数学「フォ-カスゴールド」発行。全国トップ校中心に多くの高校で採用される。
2008年 戦前に使われていた「尋常小学算術」の復刻版を発行。多くのマスコミに採り上げられる。
2009年 小学校・中学校用教科書全点の拡大教科書を発行。

ページの先頭へ